ハーブの図鑑

ハーブ図鑑

ステビアとは?食べ方や飲み方、育て方

ステビアについて食用やハーブティー、アロマとしての活用例や育て方などステビアというハーブの特徴を紹介していきます。

ステビア(学名:Stevia rebauやや湿った土を好むiana)とは、パラグアイをはじめとする南アメリカ原産のキク科ステビア属の多年草である。草丈は50 cmから1 m前後、茎は白い細毛に覆われている。夏から秋にかけて、枝先に白い小花を咲かせる。アマハステビアという別名も存在する。 ステビアは甘味成分として、ステビオシドやレバウディオサイドA(英語版)といったテルペノイドの配糖体を含んでいるため、甘味料として用いられる。

ハーブ図鑑

ステビアの使い道、活用方法

ステビアというハーブをどのように活用するかについて紹介していきます。

  • 料理・スパイスとしての利用:○
  • ハーブティーとしての利用:-
  • アロマとしての利用:-
  • ポプリとしての利用:-
  • 入浴剤としての利用:-
  • 薬用としての利用(※):○

※こちらにおける薬用というのは、いわゆる民間療法として薬かわりに利用されていたという話になります。薬機法(薬事法)に基づく薬ではありませんのでご注意ください。

 

ステビアの育て方

ステビアを畑やポタジェ、ベランダなどで育てるときに知っておくべきことを紹介します。

  • 原産国:南米
  • 別名:
  • 多年草
  • 日当たり:日当たりの良い場所を好む
  • 好みの土壌:
  • 暑さへの耐性:強い
  • 寒さへの耐性:普通

 

ステビアに関する商品の購入