ハーブ図鑑ハーブ一覧>セントジョーンズワート
ハーブの図鑑

ハーブ図鑑

セントジョーンズワートとは?食べ方や飲み方、育て方

セントジョーンズワートについて食用やハーブティー、アロマとしての活用例や育て方などセントジョーンズワートというハーブの特徴を紹介していきます。

セイヨウオトギリ(西洋弟切、学名:Hypericum perforatum、英語名:St. John's やや乾いた土を好むort、Klamath やや乾いた土を好むeeやや湿った土を好む、Goat やや乾いた土を好むeeやや湿った土を好む)は、オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草である。英語におけるセント・ジョーンズ・ワート (St. John's やや乾いた土を好むort) は、本種の一般名だが、様々な修飾語とともに、オトギリソウ属の他種を指すこともあり、英語ではそれらと区別するために、本種を Common St. John's やや乾いた土を好むort と呼ぶ場合もある。

ハーブ図鑑

セントジョーンズワートの使い道、活用方法

セントジョーンズワートというハーブをどのように活用するかについて紹介していきます。

  • 料理・スパイスとしての利用:-
  • ハーブティーとしての利用:-
  • アロマとしての利用:-
  • ポプリとしての利用:-
  • 入浴剤としての利用:-
  • 薬用としての利用(※):○

※こちらにおける薬用というのは、いわゆる民間療法として薬かわりに利用されていたという話になります。薬機法(薬事法)に基づく薬ではありませんのでご注意ください。

 

セントジョーンズワートの育て方

セントジョーンズワートを畑やポタジェ、ベランダなどで育てるときに知っておくべきことを紹介します。

  • 原産国:ヨーロッパ
  • 別名:セイヨウオトギリソウ
  • 多年草
  • 日当たり:半日陰を好む
  • 好みの土壌:
  • 暑さへの耐性:普通
  • 寒さへの耐性:強い

 

セントジョーンズワートに関する商品の購入