ハーブの図鑑

ハーブ図鑑

サフランとは?食べ方や飲み方、育て方

サフランについて食用やハーブティー、アロマとしての活用例や育て方などサフランというハーブの特徴を紹介していきます。

サフラン(Crocus sativus、蘭: saffraan、英: saffron、仏: safran)はアヤメ科の多年草およびそのめしべを乾燥させた香辛料をさす。西南アジア原産で、最初に栽培されたのがギリシアとされる。地中海の島で発掘された壁画によると、青銅器時代から栽培されたと考えられる。

ハーブ図鑑

サフランの使い道、活用方法

サフランというハーブをどのように活用するかについて紹介していきます。

  • 料理・スパイスとしての利用:○
  • ハーブティーとしての利用:○
  • アロマとしての利用:○
  • ポプリとしての利用:-
  • 入浴剤としての利用:-
  • 薬用としての利用(※):○

※こちらにおける薬用というのは、いわゆる民間療法として薬かわりに利用されていたという話になります。薬機法(薬事法)に基づく薬ではありませんのでご注意ください。

 

サフランの育て方

サフランを畑やポタジェ、ベランダなどで育てるときに知っておくべきことを紹介します。

  • 原産国:トルコ
  • 別名:
  • 球根
  • 日当たり:日当たりの良い場所を好む
  • 好みの土壌:
  • 暑さへの耐性:弱い
  • 寒さへの耐性:強い

 

サフランに関する商品の購入