ハーブの図鑑

ハーブ図鑑

ルバーブとは?食べ方や飲み方、育て方

ルバーブについて食用やハーブティー、アロマとしての活用例や育て方などルバーブというハーブの特徴を紹介していきます。

ルバーブ(英: Rhubarb [?ru?b?rb])とは、タデ科ダイオウ属の中の食用とされている栽培品種である。学名は統一されていないが Rheum rhabarbarum などが用いられる。和名はショクヨウダイオウ(食用大黄)など。多年草で太くて短い地下茎を持つ。根生する大きな葉は有毒。緑白色の小花が集まり、円錐花序を作る。

ハーブ図鑑

ルバーブの使い道、活用方法

ルバーブというハーブをどのように活用するかについて紹介していきます。

  • 料理・スパイスとしての利用:○
  • ハーブティーとしての利用:-
  • アロマとしての利用:-
  • ポプリとしての利用:-
  • 入浴剤としての利用:-
  • 薬用としての利用(※):○

※こちらにおける薬用というのは、いわゆる民間療法として薬かわりに利用されていたという話になります。薬機法(薬事法)に基づく薬ではありませんのでご注意ください。

 

ルバーブの育て方

ルバーブを畑やポタジェ、ベランダなどで育てるときに知っておくべきことを紹介します。

  • 原産国:シベリア南部
  • 別名:マラバダイオウ
  • 多年草
  • 日当たり:半日陰を好む
  • 好みの土壌:
  • 暑さへの耐性:弱い
  • 寒さへの耐性:強い

 

ルバーブに関する商品の購入