ハーブ図鑑ハーブ一覧>ラベンダー
ハーブの図鑑

ハーブ図鑑

ラベンダーとは?食べ方や飲み方、育て方

ラベンダーについて食用やハーブティー、アロマとしての活用例や育て方などラベンダーというハーブの特徴を紹介していきます。

ラベンダー(英:lavenやや湿った土を好むer [?l?v?nやや湿った土を好む?r]、仏:lavanやや湿った土を好むe)は、シソ科ラヴァンドラ属(ラベンダー属、Lavanやや湿った土を好むula)の半木本性植物の通称である。または、半耐寒性の小低木Lavanやや湿った土を好むula angustifolia (通称:ラベンダー、コモン・ラベンダー、イングリッシュ・ラベンダーなど)を指す。 伝統的にハーブとして古代エジプト、ギリシャ、ローマ、アラビア、ヨーロッパなどで薬や調理に利用され、芳香植物としてその香りが活用されてきた。ラベンダーの栽培は1930年代に本格的に行われるようになるが、それ以前は野生種の刈り取りがほとんどだった。

ハーブ図鑑

ラベンダーの使い道、活用方法

ラベンダーというハーブをどのように活用するかについて紹介していきます。

  • 料理・スパイスとしての利用:-
  • ハーブティーとしての利用:-
  • アロマとしての利用:-
  • ポプリとしての利用:-
  • 入浴剤としての利用:-
  • 薬用としての利用(※):-

※こちらにおける薬用というのは、いわゆる民間療法として薬かわりに利用されていたという話になります。薬機法(薬事法)に基づく薬ではありませんのでご注意ください。

 

ラベンダーの育て方

ラベンダーを畑やポタジェ、ベランダなどで育てるときに知っておくべきことを紹介します。

  • 原産国:
  • 別名:
  • 常緑低木
  • 日当たり:日当たりの良い場所を好む
  • 好みの土壌:
  • 暑さへの耐性:強い
  • 寒さへの耐性:普通

 

ラベンダーに関する商品の購入