ハーブの図鑑

ハーブ図鑑

ニゲラとは?食べ方や飲み方、育て方

ニゲラについて食用やハーブティー、アロマとしての活用例や育て方などニゲラというハーブの特徴を紹介していきます。

クロタネソウ属(−ぞく、学名:Nigella)は、キンポウゲ科の属の1つである。学名の「ニゲラ」としても知られる。学名は黒いという意味のラテン語Nigerが語源となっている。南ヨーロッパ、中東、南西アジアに自生する一年草で、花の色は白、青、黄、ピンク色、薄紫など。原種の花弁の数は5?10枚。葉は細裂する。その名の通り、花後に結実して黒い種子ができる。果実は裂開果で、熟すと膨らむ。

ハーブ図鑑

ニゲラの使い道、活用方法

ニゲラというハーブをどのように活用するかについて紹介していきます。

  • 料理・スパイスとしての利用:○
  • ハーブティーとしての利用:-
  • アロマとしての利用:-
  • ポプリとしての利用:-
  • 入浴剤としての利用:-
  • 薬用としての利用(※):○

※こちらにおける薬用というのは、いわゆる民間療法として薬かわりに利用されていたという話になります。薬機法(薬事法)に基づく薬ではありませんのでご注意ください。

 

ニゲラの育て方

ニゲラを畑やポタジェ、ベランダなどで育てるときに知っておくべきことを紹介します。

  • 原産国:ヨーロッパ
  • 別名:クロタネソウ
  • 一年草
  • 日当たり:日当たりの良い場所を好む
  • 好みの土壌:
  • 暑さへの耐性:弱い
  • 寒さへの耐性:強い

 

ニゲラに関する商品の購入