ハーブの図鑑

ハーブ図鑑

ホップとは?食べ方や飲み方、育て方

ホップについて食用やハーブティー、アロマとしての活用例や育て方などホップというハーブの特徴を紹介していきます。

ホップ(勿布、オランダ語: hop、学名:Humulus lupulus)はアサ科のつる性多年草。雌雄異株。和名はセイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)。 雌花は「毬花」と呼ばれビールの主要な原料の一つである。ビールの苦味、香り、泡にとって極めて重要で、雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがある。

ハーブ図鑑

ホップの使い道、活用方法

ホップというハーブをどのように活用するかについて紹介していきます。

  • 料理・スパイスとしての利用:-
  • ハーブティーとしての利用:-
  • アロマとしての利用:○
  • ポプリとしての利用:-
  • 入浴剤としての利用:-
  • 薬用としての利用(※):○

※こちらにおける薬用というのは、いわゆる民間療法として薬かわりに利用されていたという話になります。薬機法(薬事法)に基づく薬ではありませんのでご注意ください。

 

ホップの育て方

ホップを畑やポタジェ、ベランダなどで育てるときに知っておくべきことを紹介します。

  • 原産国:西アジア
  • 別名:セイヨウカラハナソウ
  • つる性多年草
  • 日当たり:半日陰を好む
  • 好みの土壌:やや乾いた土を好む
  • 暑さへの耐性:普通
  • 寒さへの耐性:強い

 

ホップに関する商品の購入