ハーブ図鑑ハーブ一覧>バレリアン
ハーブの図鑑

ハーブ図鑑

バレリアンとは?食べ方や飲み方、育て方

バレリアンについて食用やハーブティー、アロマとしての活用例や育て方などバレリアンというハーブの特徴を紹介していきます。

セイヨウカノコソウ (Valeriana officinalis) は、オミナエシ科カノコソウ属の多年生植物。英名はヴァレリアン (Valerian)。纈草(けっそう)または吉草(きっそう)ともいう。ヨーロッパ原産。 根や茎を不眠症や精神高揚等に効果がある薬草として用いる。ドイツでは不眠症、精神不安への使用を承認している。日本では非医薬品に分類される。古くから薬草として利用され、中世では修道院の薬草園で盛んに栽培された。

ハーブ図鑑

バレリアンの使い道、活用方法

バレリアンというハーブをどのように活用するかについて紹介していきます。

  • 料理・スパイスとしての利用:○
  • ハーブティーとしての利用:-
  • アロマとしての利用:○
  • ポプリとしての利用:-
  • 入浴剤としての利用:-
  • 薬用としての利用(※):○

※こちらにおける薬用というのは、いわゆる民間療法として薬かわりに利用されていたという話になります。薬機法(薬事法)に基づく薬ではありませんのでご注意ください。

 

バレリアンの育て方

バレリアンを畑やポタジェ、ベランダなどで育てるときに知っておくべきことを紹介します。

  • 原産国:ヨーロッパ
  • 別名:セイヨウカノコソウ
  • 多年草
  • 日当たり:半日陰を好む
  • 好みの土壌:やや乾いた土を好む
  • 暑さへの耐性:普通
  • 寒さへの耐性:強い

 

バレリアンに関する商品の購入