ハーブの図鑑

ハーブ図鑑

アイとは?食べ方や飲み方、育て方

アイについて食用やハーブティー、アロマとしての活用例や育て方などアイというハーブの特徴を紹介していきます。

アイ(あゐ、藍、学名:Persicaria tinctoria)は、タデ科イヌタデ属の一年生植物。別名は、タデアイ(蓼藍)、アイタデ(藍蓼)。中国東部、朝鮮半島、日本列島中央部において青色の染料として重用されていたが、化学合成したインディゴ染料が発明されて以降は合成インディゴが工業的にはよく用いられているため、染料用途で用いられることはあまりなくなった。なお、世界各地で同じようにインディゴを含有する様々な植物が、染料として利用されてきた。

ハーブ図鑑

アイの使い道、活用方法

アイというハーブをどのように活用するかについて紹介していきます。

  • 料理・スパイスとしての利用:○
  • ハーブティーとしての利用:-
  • アロマとしての利用:-
  • ポプリとしての利用:-
  • 入浴剤としての利用:-
  • 薬用としての利用(※):○

※こちらにおける薬用というのは、いわゆる民間療法として薬かわりに利用されていたという話になります。薬機法(薬事法)に基づく薬ではありませんのでご注意ください。

 

アイの育て方

アイを畑やポタジェ、ベランダなどで育てるときに知っておくべきことを紹介します。

日当たりと水はけのよい場所に植え付けることがポイント

  • 原産国:東南アジア
  • 別名:
  • 一年草
  • 日当たり:日当たりの良い場所を好む
  • 好みの土壌:やや乾いた土を好む
  • 暑さへの耐性:強い
  • 寒さへの耐性:弱い

 

アイに関する商品の購入